生き方

スポンサーリンク
生き方

自由を手にする、下準備~イマヌエル・カントさん~

「自由を手にする、下準備」と題しまして、 超難解でおなじみの「イマヌエル・カントさん」の哲学をご紹介していこうと思います。 ずっと前から、いつかはご紹介したいと思っていた内容ではあるんですが、これが非常に難しく、簡単にすることは更にとっても難しいものでもあります。ですがあえてそんな無茶をやっていきます。
人間関係

これからの私達の話をしよう~ミーン・ワールド・シンドロームを含む、文明文化の歪に気づく~

今回は、過去3つの記事に渡って 「人の本性」について見てきた内容を現代に繋げ、「これからの私達の話」というお題目で、お話を進めていきたいと思います。 先ずは最初に今までのおさらいをざっくりした上で、少しずつ本題へと移っていく次第です。
人間関係

人の本性の核心に迫る~人類の歴史と戦争~

今回は、 「人の本性の核心」 についてです。 前々回に「人の本性は善か悪か?」の考え方について、また前回に「2つの科学によって示されたことの実態」について を見ていきました。そして今回は、人類の歴史で言われていることの実態、そして何が戦争を作り出しているのか?について順にみていこうと思っています。
人間関係

人の本性は悪である?~悪名高い2つの科学実験~

今回は、前回の 「人の本性」 の続きです。前回、東洋と西洋の「性善説と性悪説」について見ていただきましたが、 今回は「性悪説」を強めるような悪名高い実験について、見ていこうと思います。 おそらくは多くの方がこの事実を知らないでいます。ですので今回は分かっていることを踏まえて、科学の実験についてご紹介します。
人間関係

【一周年記念】 「人の本性」の決定版~性善説と性悪説~

今回は、 「人の本性」 についてです。人類史の中で私達ホモ・サピエンスの生まれながらに持った生来の気質は悪なのか?それとも善なのか?という議論は、アジアからヨーロッパに至るまで遥か昔から行われてきました。その中でもどちらかと言えば 「人の本性は悪である」という説は根強い と思います。 ですが、今回は真っ向から吟味していって、「実際のところはどうなんだろう?」という事を見ていきます。
生き方

世界には共通普遍の構造があるよ~レヴィ=ストロースさんの構造主義~

「世界に対する色メガネを外そう!」 と題しまして、 哲学者レヴィ=ストロースさんの「構造主義」 を取り上げていきたいと思っています。前回、サルトルさんの「実存主義」を取り上げましたが、前回の実存主義の考え方を含めてみていくと、よりレヴィ=ストロースさんの考え方がすんなり腑に落ちると思います。
生き方

人生の意味は決まってるんじゃくて、決めていいものだ~サルトルさんの実存主義~

「私達は私達に意味を見出せる!」 と題しまして、 哲学者サルトルさんの「実存主義」 について、簡単にご紹介できたらなって思います。もう名前からしてややこしそうなこの考え方ですが、今回は誰にでもわかる形でご説明していきます。 「実存は本質に先立つ」 というサルトルさんの有名な言葉をお借りしつつも、希望を抱けるような考え方を見ていきます。
生き方

幸せな部族の思考が科学の幸せに通ずる~ピダハン族~

ある言語人類学者さんから 「世界一幸せな人々」 と言われている、 ピダハン族の話をしてい こうと思います。以前に紹介した 脳科学的に世界一幸せといわれている「マチウ・リカールさん」 にも通ずるものがあって非常に興味深かったのでご紹介していこうと思います。
生き方

未来について考える私達の脳はあまり精度が高くない

今回は、脳から見た私達の「未来」についての考え方をご紹介しようと思います。 脳はとっても高性能なんですが、ちょっとおっちょこちょいなところもあります。 今日はそんなおっちょこちょいな特徴について、触れていけたらいいなって思ってます。
生き方

完璧主義を最善主義に

「完璧主義」を「最善主義」に シフトすることで、心の負担は随分と軽く、そして少なくなります。という話をしていこうと思います。
スポンサーリンク
タイトルとURLをコピーしました