もうひとつのソシュール論【破】、【急】~『ソシュールの思想』『ソシュールを読む』と「原資料」~

スポンサーリンク
人間関係

前回、『一般言語学講義』の要約をしていきましたが、今回は「もう一つのソシュール論」として原資料(手稿&学生ノート)を基に、いわば「ソシュール論【破】」を見ていきます。

今回の内容は『一般言語学講義』を「ソシュールさん自身の考え方」から更に深く広く捉えて、言語のリアル全体を垣間見て、かつその言語のリアルすら乗り越えようと挑戦をする、ソシュールさんの二重の乗り越え&挑戦のような内容に、先ずは触れていくことになります。

一応、前回のおさらいをざっくりします。前回は、

【記号は二つの心のイメージ(聴覚映像と意味内容)であるがために、変わりにくくも、その言語内全体の関係において無理なく受け入れられれば突然変わる。その言語内全体の記号の結びつきの関係であって、そう呼ぶ根拠はないからこそ、変わっていく。そしてその変化は心のイメージである記号が織りなす全体の関係の微妙なズレと再配置によって起きているがために、記号が織りなす言語による区別の仕方に伴って、認識の仕方すら変わる。記号毎の歴史的変化、点の変化を追っていっても、その全体像が見えなかっただろう。ラングはパロールとして個々人が使用することによって変わってしまう。また変わってしまうからこそ、ラングのみを言語学の研究として、ある時期(共時態)のある言語(ラング)を調べることを、以降の言語学では進めていこう。ただ、今言えることは、我々の世界認識は言語によって強く規定されているということだ。】

と言った内容に触れました。とはいえ、おそらく前回の内容をある程度把握しておかないと、後編である今回の内容は、あまり頭に入ってこないかもしれません。

前回の「ソシュール論【序】」を経て、そして今回の「ソシュール論の【破】」により「ソシュールさんの本意」を紐解き、更にその先を見るような視点の提供として、私見による【急】を最後に示します。今回はいわば【序(導入)、破(問題提起)、急(帰結)】の【破、急】の部分です。

ことば(このようにひらがなで書くときは、広い意味での言語全般のこととします)は、人間を文化的・文明的な存在にし、また、ことばには私達の想像を超えるような影響を与える「能力」が備わっています。

言語は私達が生まれた瞬間から、「既に構成され、整った状態」として各文化に根付いています。だからこそ、便利な道具でもあり、だからこそ人間の内部に浸透し、使用するほかない道具でもあります。

記号とは?言語とは?という根幹に迫り、かつそれすらも乗り越え、

人間の文化・文明を突き抜ける考えがソシュールさん自身の中に生まれていました。

にもかかわらず、彼は沈黙します。

ことばは、世界の認識の仕方すら変え、更には価値をも変えてしまう。こんなことをソシュールさんは示しました。それには動揺と魅力が同時に詰まっています。

彼が、何を思い、何を考え、何に挑戦し、そしてなぜ沈黙したのか?

今回はそういったところを見ていきたいと思います。

では、早速いきましょう!

  1. ソシュールさんの生い立ち
  2. 『一般言語学講義』に対する批判
  3. ラングとパロールは対立、だけではない~ソシュール論【破】~
  4. 連辞関係と連合関係~脳内ラングともいえる関係の働きと、文法批判~
    1. 連辞関係と連合関係とは
    2. 連辞関係と連合関係は、ラングなの?パロールなの?
  5. 共時態と通時態も対立、だけではない
  6. シニフィアンとシニフィエ。その結びつきがシーニュ(記号)
  7. 二つの恣意性~ことば、認識、価値~
    1. 言語の恣意性①~記号の恣意性~
    2. 言語の恣意性②~(言語による)価値の恣意性~
    3. 言語は実体を表すものではなく、心的な社会的産物である
  8. 記号学による乗り越えに何年も挑戦し、そして沈黙する
  9. 僕らにはまだ、出来ることがある~私見としての可能性【急】~
    1. ことばの功罪(功績と罪)~①ことばは規定する、しかしだからこそ道しるべとなり得る~
    2. 【地続きの二つ・シームレスな二つ】が二分法である。~②記号と非記号、形相と実質は地続きである。~
    3. 私達は意識的に忘れる、ということが出来ない~③価値の変化は大切なものほど、塗り替え・上書き式が有効である~
  10. 言語の固定性~記号自体が、常に変化している現実の躍動と力動性を一端、かつ過去としてしか、表すことができない。~
  11. 帰結としての乗り越えの試み。そしてためらいを、ためらうことなく

ソシュールさんの生い立ち

先ずはざっくりとしたソシュールさんの生い立ちに触れます。

フェルディナン・ド・ソシュールさん(1857年11月26日~1913年2月22日)は、「近代言語学の父」と言われている人物です。

彼は私立中学に入学した時点で、フランス語、ドイツ語、英語、ラテン語を習得していて、加えてギリシャ語もその学校で学びました。

そして14歳の時、『諸言語に関する試論』と言う論文を書き、彼が尊敬する学者に送ります。その論文の時点で既に「言語の構造と関係(体系)」についての骨子が見え隠れしています。

まるで漫画のキャラクターかと思うような天才です。ちなみに美男子だとも言われていました。

彼は、控えめな性格で、気取りが無く、物腰も柔らかい。そんな人物でした。しかし同時に、とにかく言語が好きで、言語への好奇心は尽きることがなかった人です。

そんなソシュールさんも大人になり、講義を各地でするようになります。彼の講義は昔から、新しい創造に満ちていたといいます。

彼自身の今出せる考えを惜しげもなく展開するため、自身の中にあったためらいも、分からないところも、隠すことがありませんでした。講義中でさえも外を見ては、新しい創造をし、考え込む。そんな講義をしました。

完成された考えを提示することがあまり好きではなかったようです。

後に弟子たちの手によって『一般言語学講義』として出版される内容の講義は、1906年から1911年にかけて学生のための授業の一環として行われましたが、彼自身、実はあまり気乗りのしない講義でした。

と言うのもその時には既に、彼自身の中では、「言語に対する次の挑戦と葛藤」が生まれていたからです。

少し時を遡り、1894年。

友人であるメイエさんに宛てた手紙に

「ことばの事象に関してまともに意味が通ずるようなぐあいに何かを書こうとするのは、ただの十行だけにしてもまず困難なことで、その困難さに嫌気がさします。」

「結局のところ言語学でなし得ることのかなり大きな空しさも分かってきました。」という内容が記されています。言語が大好きだった彼は、心の中で言語に対する「むなしさ」を感じてしまっていました。

また、彼自身の手で『一般言語学』という幻の本を書こうとしていました。しかしその仕事も、彼自身によって中断され、自分でも見つけることが出来ない程に手もとから遠く離してしまいます。

彼は、何を思い、考え、言語にどのような空しさを感じ、なぜ沈黙したのでしょう?

さて、大まかな生い立ちを見たところで、今回は、「『一般言語学講義』の訂正および乗り越え」と、「新たな挑戦と沈黙のいきさつ」を紐解いていき、最後に私見としてのまとめを試みます。

「似ているからこそ、その峻別(明確に分けること)がとても難しい、二つのソシュール論(『一般言語学講義』としてのソシュール論と、原資料からなるもう一つのソシュール論)の違い」をできうる限り明確化すべく、今回は見ていきます!

『一般言語学講義』に対する批判

ソシュールさんが亡くなった後、弟子たちが『一般言語学講義』を出版し、それが後々ゆっくりと、徐々に広まり、世界中を驚かせる絶大な影響を与え、また現代においても尚、大きな影響を与え続けていますが、同時にいくつかの問題点も指摘されます。

主なものとして、

・ラング(言語によるひとつの社会制度)とパロール(個々人の使用・実現)は対立として扱われて、かつラングのみに絞られた。ラングのみの研究は、そのままパロールを無視する事であり、全体を表さない。

・共時態(ある時期の言語)と通時態(今までの言語変化)の区別は、言語の変化によるリアルを無視している。

・全体的に歴史と変化を軽視している。

などがあります。こうしてみると確かに上の指摘はもっともです。

しかし、これらはあくまで『一般言語学講義』に関する問題点であって、「ソシュールさん自身の考え」の問題点にはならない部分です。

この問題点については順を追って一つ一つ紐解いていきますが、その前に先立って軽く触れておきたい内容があるので、少しだけ触れていきます。

ソシュールさんは、「二分法(二つに分ける方法)」を多用します。

前回でも触れ、今回でも沢山出てくる概念である、

ラングとパロール。共時態と通時態。シニフィアンとシニフィエ。などです。

また、今回は前回触れることのできなかった「連辞関係と連合関係←NEW!」と言う概念も出てきます。(こちらは前回の内容でもただでさえ覚えることが多いために、今回の説明としました。)

さて話を戻せば、彼の二分法を用いた本来の目的は

「対立を強調するためではなくて、

対立しながらも、相互に関係し合っている(逆説的な両義性)」ということを表すためでした。

つまり、ことば(広い意味での言葉・言語全般)、というものが対立しながらも、同時にお互いに関係しあい、補いあっている」という「【地続きの二つ・シームレスな二つ】であることを示すため」にこのような方法を取った、と言うことです。

こんなことを念頭に置きながら読み進めると、理解しやすいかと思います。

ではここから、『一般言語学講義』と「ソシュールさん自身の考え方:『ソシュール手稿』&学生ノート」を読み比べ、かつ上記の指摘内容も織り込みながら、一つずつ見ていきます。

さてでは、先ずは前回同様「ラングとパロール」から始めます。

ラングとパロールは対立、だけではない~ソシュール論【破】~

ここでは、「ラングとパロール」を捉え直します。

「ラングは言語共同体。あるいは言語としての社会制度」のことでした。

各文化に「言語という、ひとつの社会制度」があるから日本で言えば「正しい日本語、間違っている日本語」のようなことが判別できます。ラングは共通理解のためのツール(道具)の様に、目には見えないけど(潜在的に)、確かに働いていますよね。

これに対して、

「パロールは、ラングの個人の使用・実現の総体」でした。

私達はラングが社会制度として働いてくれるからこそ、個々人による言語の使用と実現が出来ます。パロールは使用・実現、という目に見える形、耳で聞こえる形で(顕在的に)実際に使用されます。

ラングがあるからパロールを実現できます。しかし他方でパロールがなされるほどに、ラングも変わっていってしまう。

だからこそ、『一般言語学講義』では、そのパロールによる変化を受け付けないよう、「ラングのみ」に言語学の研究対象を絞ろうとしました。

言語学は本来ラングを唯一の対象とするものだからである。

『新訳 一般言語学講義』

さて、この文言は前回も引用しました。しかし、この文言。実のところ、

原資料(ソシュールさんの手稿&学生のノート)には見当たらない、弟子たち(編者)の創作」です。つまり、ソシュールさんは「ラングのみでいいよ。」とは、本来言っていません。

また、『一般言語学講義』の第一の問題点をもう一度おさらいすると、

・ラング(言語の社会制度)とパロール(個々人の使用・実現)は対立として扱われて、かつラングのみに絞られた。ラングのみの研究は、そのままパロールを無視する事であり、全体を表さない。

という内容でした。

二分法によるこの二つ。「ラングとパロール」は、一見すると対立のみの様にも見えてしまいます。

しかし「ソシュールさん自身の考え」では

ラングとパロールは、対立のみならず相互関係」でもあります。

そもそも彼が二分法を用いた理由は、対立のみを主張したかったのではなく、【地続きの二つ・シームレスな二つ】を示すために、このような方法を用いました。

つまり、

「二つの区別は、ことばの構成要素をまず初めに選り分けることによって、そもそもとして、ことばに備わるその仕組み自体の混同を避けるためであることと、

かつその仕組みの上で、お互いが関係しあっていることによってこそ、成立しているということを示すため」に二分法を用いました。

ソシュールさん自身は

確かにことばの分析においてはどちらか一方に寄ることはあり、それは重要なことだが、他方ではその両極端にのみ注力し、どちらか片方のみにしては、いけない

と考えています。

そしてこの二分法への考えは、最初から最後まで一貫している態度なんです。

つまりラングも大切だけど、パロールもまた大切だという事です。

ラングがあるからパロールを実行出来て、また同時にパロールがあるからラングを変革できるんです。両方が両方の原因であって、結果であること。しかも、おそらくはラング(社会制度)の発生はパロール(個々人の使用と実現)によるところだったでしょう。

加えてそもそも、ラングとパロールの双方があってのランガージュです。

ランガージュ(言語活動)はラングとパロールの総体(全体)だったはずです。

どちらかに寄ることはあっても、どちらかのみとして無視してしまうことは、ソシュールさんの本意ではないんです。

また、ランガージュ(言語活動)については、後々違った形で表されますが、ここではそのまま「言語活動全体」の意味で進めていきます。

とにかく、ことばの全貌を表すには全体の関係のお互いの補完し合いがとても重要と言うことです。

ところで、いかに「ラング」というものが社会制度として働いているとは言え、私達は全く同じ考え方を持っているわけではありませんよね。同じ言語圏でも、個々人の考え方には確かな違いがあります。では、どうしてそういった違いが出るんでしょう?

これを説明するために、次は連辞関係と連合関係に触れていきます。

連辞関係と連合関係~脳内ラングともいえる関係の働きと、文法批判~

言語圏が同じであれば、考え方が一緒か?と言うと、間違いなく違いがあるものです。逆に全く一緒、なんてことはあり得ないことです。

確かに日本人であれば「日本人っぽさ」はあるけど、「日本人全員が同じ考え、なわけがない」ですよね。似ている部分はあるけど、違う部分もあるわけです。つまり似ているけど、異なる」のが私達です。では、同じラングを使用する私達には、どうしてこのような違いが表れるのでしょう?

この違いに触れるべく、連辞関係と連合関係を見ていきます。一見すると全然関係ないように思える話になるかと思いますが、この項の最後には「似ているけど、異なる」、その理由に繋がっていきます。

連辞関係と連合関係とは

先ずは連辞関係についてです。

連辞関係とは発話や文字列などの、語の並びによる(線状)関係のことです。

「連なる辞(語・記号)の関係」だから、そのまま連辞関係です。

例えば、「すむ」という日本語を発声する場合、それを聴いた側の人はこれだけだと、どの「すむ」分かりません。

ですが、「東京にすむ」であれば「住む」。

「空気がすむ」であれば「澄む」。

「諦めずにすむ」であれば「済む」、と言ったように、

文字や発声が連なることによって、前後の関係が生まれ、より限定された意味が生じています。

「〇〇とは、これこれこう言うことです。」みたいに並べることで、その前後の関係から、どう言ったことを言いたいのか、その語が何を意味しているのか?がその関係からより鮮明になります。

文脈の前後関係によってより鮮明になるのが、「連辞関係」です。

では、連合関係とは何かというと、

連合関係とは、その語・記号によって連想されるその他の語との関係です。

「連想される語の集合関係(語・記号の倉庫)」だから、連合関係です。

こちらも例えば、

私が「切り分ける」のような意味の言葉を表したいとき、私の脳内では、

「区別、峻別、弁別、分割、分節、識別、区切り」などが浮かび、どれを使おうかと考えます。こう言った関連する語が浮かんでくる脳内の語・記号の倉庫が、連合関係です。

「文脈の前後関係と、関連する語の連想」が「連辞関係と連合関係」ですが、こちらもやはりこの二つの相互の関係なしには文脈を成立させることが困難ですよね。

さて、この「連辞関係と連合関係」はラング(社会制度)なのでしょうか?それともパロール(個々人の使用・実現)なのでしょうか?

連辞関係と連合関係は、ラングなの?パロールなの?

ソシュールさんの考えにおける「連辞関係(前後関係)と連合関係(語の倉庫)」は、結論から言えば、「ラングに属するとされる」ものです。

実際のところ、ソシュールさんはラングとパロールのどちらに属するか?については明言していません。ただ、多くのソシュール研究者さんたちは、「連辞関係と連合関係は、ラングに属する」と言っています。

しかし、これは少し納得がいかないかもしれません

なぜなら、「え?前後の関係と語(記号)の倉庫を駆使して、文脈を形成するわけでしょ?形成するってことは使用しているし、使用しているってことはパロールなんじゃないの?」と思ってしまうかもしれないからです。

ですが、よくよく考えてみると、

【まず先に脳内で】、語を選出しつつも並べていて、その後、発話や記述にしている。脳内で、目には見えない形で(潜在的に)文脈を組み立て、その後に、目に見える形で(顕在的に)使用・実行している。」という過程があります。

また、ラングというものは、確かに社会制度として働きますが、私達は全ての語・記号を理解しているわけではないです。もしそんなことがあればすぐさま、言語の問題はほとんど解決する可能性があります。ですがそうではないですよね。つまり、個々人の脳内にある記号とそれを組み立てた言語は、共通する部分はあるけど、それぞれ微妙に異なる。個々人のその共通する部分と異なる部分を全て合わせたものの総体(全体)が、ラングなんです。

言いかえれば、個々人の脳内ラングともいえるような状態の、全部合わさった総体が、ラングなんです。

そのために、同じ言語圏で、考え方が「似ているものの、異なる」ということが起きます。

また、この話も後々、大きな意味を持ってきます。(今はランガージュについて。そして「似ているけど異なる」の後々の意味について。を後回しにしていますが、ランガージュは後半。「似ているけど異なる」は最後の私見による可能性、に触れるべく回収していきます。)

加えて、この「連辞関係と連合関係」は、ソシュールさんによる「従来の文法批判」という意味合いが強いです。語と語(記号と記号)の関係からようやっと意味が決まっているんだよ、と言う過去の文法への反論です。

さてでは、次の話題として「共時態と通時態」について触れていきます。

共時態と通時態も対立、だけではない

ラングとパロールは対立するだけでなく、相互関係でもありました。

また、個々人の脳内ラングともいえるものの総体がラングで、それを話す、や書く、などして実行するとパロールとなる。加えて、個々人で了解しているラングの範囲が違うから、おなじ言語圏でも「似ているけど、異なる」んだよ。と言った内容に触れてきましたが、お次は共時態と通時態です。

『一般言語学講義』において、

共時態」は「ある時期の言語状態」。いわば「言語の面の状態の全体関係

通時態」は「言語の変化を追うこと」。いわば「言語の点の変化・変遷です。

『一般言語学講義』では、「共時態と通時態は対立関係」の様に扱われていますが、こちらもまたやはり【地続きの二つ・シームレスな二つ】という相互関係にあります。

しかし確かに、面と点(あるいは線)では、折り合いがつかないようにも思えます。『一般言語学講義』でも、「点を追っても、言語の全体像である面が見えない。だから面である共時態を優先しなければならない。」と言った内容でした。

ですがこちらについても、「ソシュールさん自身の考え」とは、異なっています。

我々は言語とチェスを比較できるとしたら、それは同時に位置と打ちから成立する。つまり同時に変化と状態から成る完全な意味でのチェスゲームでしかないと確信している。

『ソシュール手稿 10』

この引用からもわかる通り、彼は、状態だけでも、変化だけでもない、「状態変化」をこそ重要視しています。

言い換えれば、「通時態は点の変化に見えるけど、面での全体関係の変化だよ。」と言っています。

だとすれば、「共時態と通時態」が表しているものは、

「面の状態と点の変化」ではなく、「面から面へと変化する、関係全体」を指していたことになります。

つまりソシュールさんのいう「完全な意味でのチェスゲーム」とは、

面から面へと変化する言語の関係全体が、完全な意味でのことば」と言うことになります。

とすると、第二の問題点であった、

・共時態(ある時期の言語)と通時態(今までの言語変化)の区別は、言語の変化によるリアルを無視している。

と言う内容は、これまた「ソシュールさん自身の考え」への問題点ではないということになります。

また、第三の問題点である、

・全体的に歴史と変化を軽視している。

についても、むしろ「状態変化」を重んじていた彼への批判ではないんです。

『一般言語学講義』の示した構造は、「時の止まった(静態)、時の止まり続けた構造」でしたが、

ソシュールさん自身は、その構造の外も含めた「動いている(動態)、今なお動き続けている、ことばのリアル全体」を見ていました。

ここでもやはり「共時態と通時態」の二分法は、

先ずは混同を避けるべく仕組みの選り分けをし、かつ方法論的には(方法としては)共時態を優先する。しかし、それのみではいけない」と言う態度を取っています。

そして

「状態変化」によって「動き続けるリアルなことば全体」を見たソシュールさんは、「ことばとは、いったい何であるのか?」に気付いてしまいます。

ですが一旦先にシニフィアン(聴覚映像)とシニフィエ(意味内容)、シーニュ(記号)について少しおさらいしていきます。

シニフィアンとシニフィエ。その結びつきがシーニュ(記号)

記号の織り成す言語は、その構造の中で動く状態変化による「動き続けるリアルなことば全体」を見ていたソシュールさんが気付いたものは何でしょう?

先ずは前回、長々と説明したシニフィアンとシニフィエ、そしてシーニュ(記号)ですが、こちらでも少しおさらいしていきます。

「シニフィアンとは、聴覚映像」であり、「聴覚映像とは、音そのものではなく、聴いた音で浮かび上がる印象」です。

また、シニフィエとは、意味内容(概念)です。

シニフィアン(聴覚映像)とシニフィエ(意味内容)」は「分かちがたく結びついて初めて、記号(シーニュ)」として働きます。

「ステーキ」と言われて、ステーキの「印象(聴覚映像)と意味内容」が浮かぶのは、ステーキがステーキと言う記号として、日本語では成立しているからでした。

そしてそんな記号の成立は、他のどれでもない「それ以外、それではない」という全体の関係から生じます。

「ステーキがステーキと言う記号として機能する」のは、

「ステーキが、たこ焼きでも、スシでも、パスタでも、他のどれでもない」からです。

または、新しい何かを初めて発見した時に、それが全く新しいと言えるのは「その特徴に独自のものを含む」だからです。これは言い換えれば「他のどれでもない特徴が少なくとも一つはある」ということなので、やはり否定的な差異関係(【ではない】という違いの関係)を割り出しています。要は「ほとんど一緒で同じに見えるけど、この特徴に関しては、他のどれとも違う。したがって、これとそれは、同じ【ではない】ということです。

またそうなると、何かを示す記号とは、それひとつでは成立せず、他のものとの【ではない】という関係があって初めて成立します。

加えて、記号は「聴覚映像と意味内容の結びつき」なので、心的なもの(心に関する二つのイメージ)として機能しています。

さて、結論が近づいてきました。次は、言語の恣意性を見ていきますが、こちらでは私達が抱く「価値」についての話が出ていきます。そしてこれはとてもとても重要な部分です。

二つの恣意性~ことば、認識、価値~

前回、この「言語の恣意性」について一緒くたにして纏めましたが、実は「言語の恣意性」には二種類あります。

言語の恣意性①~記号の恣意性~

ひとつ目は、「記号の恣意性」ともいえるような「言語の恣意性」です。

記号の恣意性は記号は聴覚映像と意味内容として強く結びついているものの、それが心的なもの(心に関する二つのイメージ)であるがために、実のところその結びつきには論理的根拠がない(=私達の心の共通了解によって結びついているだけ)ということです。

記号が「聴覚映像と意味内容」として機能するには、「その記号が心のイメージ(心的なもの)としての共通了解を生んでくれれば問題ないんです。

とりあえずひとつ目に関しては一旦切り上げ、ふたつ目にも触れていきます。

次がとても大きな意味を持ちます。

言語の恣意性②~(言語による)価値の恣意性~

ふたつ目は、「価値の恣意性」ともいうべき「言語の恣意性」です。

価値の恣意性は、記号と記号の関係差異が、言語の関係を作り、そしてその関係(記号と記号の差異)によって価値をも規定してしまう。」ということです。

つまり、「私達の価値すらも、言語によって強く規定されている。」と言う事です。

…これについては納得がいかない方が多いと思います。

ですが、ソシュールさん自身をも驚かせ、悩ませたのは、この「価値の恣意性」です。

言語を愛したソシュールさん自身が、ことばに深入りすればするほどに、抗いたくとも抗えないような「価値の恣意性」と対峙することになったんです。

この「価値の恣意性」なるものをもう少し紐解くのなら、

価値は私達の認識から生まれる。これは間違いない。なぜならなにも認識せずに価値は生まれるはずもないから。認識によって、何かと何かの関係が生まれることによって、価値は相対的に(他との関係によって)決まる。では、社会生活をする私達の認識はどのように識別し、区別するのか、と考えると記号と、それの織りなす言語によってだ。

と言えてしまいます。

つまり、より短くまとめると

価値は認識により、相対的に決まる。そしてその認識は言語によって規定されている。となり、また逆から言えば、

記号が織りなす言語が、認識を規定し、その規定され、既に構成された認識が、価値をも規定するとなります。

生まれた時から言語が既に浸透している私達からすれば、言語が認識を規定している、なんてことはまず気付く事すら難しいものです。だからこそ私達が抱く価値は、自分自身の独自の認識から生まれた価値だと。絶対的ではないにせよ、自信を持って「これが私の価値だ。」と、言えるものでした。しかし「価値とは言語によって規定された認識から生まれたもの」だということに、ソシュールさん自身が言語の深海で、出会ってしまいました。

言語は実体を表すものではなく、心的な社会的産物である

そして「言語による価値の恣意性(言語の恣意性②):言語体系(言語の全体関係)が価値体系(価値の全体関係)を規定すること。」と「記号の恣意性(言語の恣意性①):記号における結びつきに根拠がないこと」は、

(記号の織り成す言語体系による)価値の恣意性②を基として、記号の恣意性①が発生すること」を意味します。

つまり

言語体系があるからこそ、その関係の微妙なズレ・再配置が起き、記号の意味が変わるということで、これは要するに、

言語というもの自体が実体を正確に表すものではなく、むしろ心的なもの(心に纏わるもの)だからこそ、変化をし、その区別もその範囲すら異なっているし、異なってもいく、いわば文化的・社会的な産物である。と言うことです。

おそらく言語は、私達がナマのデータのままとして取り扱うことが難しいがために用いられた、「可視化装置」なのだと思います。

まるでビッグデータを可視化しないと取り扱いが出来ないかのようなものです。可視化は、どの特徴を取るか?によって、様々な視点が生まれます。

まさしくこの可視化のための視点が、言語なのだと思います。

あまりにも複雑で、境目のなかった世界に、少しずつ共通了解を得ながらも区切りを入れ可視化すること。これが私達の能力(分節・区別する能力)として備わっているのでしょう。

そしてこの【カテゴリー化能力】の事を、「ランガージュ、ランガージュ能力」と、ソシュールさんは呼びます。

「言語活動」と訳された「ランガージュ」は、

「可視化のためのカテゴリー化・形相化(カタチ化)能力」

という方が、より明確な定義です。

ソシュールさんは

「ことばは、可視化のための実質の形相(カタチ)化、無分節の世界の分節(区切り)化、非記号の記号化」だと、看破して(見破って)しまったからこそ、

前回の最後で言及した、【星雲のようなもの】という発想が生まれるんです。

つまり、「実質、無分節、非記号」の世界こそが、ソシュールさんのいう【星雲のようなもの】なんです。

ソシュールさんは、

「実質の形相化(カタチ化)が言語であり、その形相化されたものを、我々は実質とみなしている。」

と気付き、驚き、悩んだんです。言語を愛する人が、言語のおかしさ(実質のカタチ化、及びそのカタチの実質化)に気付いてしまう。おそらく誰よりも大きな痛みを抱えていたのは、ソシュールさん自身だったのだと思います。

また、前回の『一般言語学講義』でも「価値」については触れられています。しかし、前回「価値」について触れなかったのには理由があります。

と言うのも、『一般言語学講義』では、「価値と言語」が逆転してしまっていて、先に触れることが困難だったからです。

ここでは『一般言語学講義』と「原資料『デガリエのノート』」を引用していきます。

価値は、相対的であるが故に、シニフィアンとシニフィエの絆は恣意的である

『新訳 一般言語学講義』

諸価値は、その絆が完全に恣意的なるが故に、全く相対的である。

『デガリエのノート』

原資料では、「原因が(記号からなる)言語であり、価値は結果」です。

しかし『一般言語学講義』では、「原因と結果が逆転している」んです。

これについて説明すれば、そもそも『一般言語学講義』自体が、「ラングのみの共時態(ある言語のある時期)」を研究すべきとしています。またそうするためには、「既に構成された言語」にその研究範囲を絞らなければなりません。「既に構成された言語」に留めるには「既に構成された価値が先にある」とし、またそれを前提としなければ、「ラングのみの共時態」の外側である「変化する言語」を、「パロールと通時態」を、無視できなくなる、という事態が生じてしまうために、逆転させたのでは?と考えられます。

簡単に言えば、

そうしないと、変化を無視できなくなる」と言う事です。

この逆転についてはこれくらいにして、

依然として「記号からなる言語が、心的な社会的産物(心の了解によって生まれた社会的な区別)」というところに、まだ引っ掛かりを覚える方も少なくないと思います。

ですので、

「言語が心的な社会的産物で、価値もまた然り」ということを、おそらく最も分かりやすく説明してくれる、「紙幣」について見ていきます。

紙幣は、平均すると一枚20円に満たない紙を実体としたものです。

しかし紙幣は、「それが一万円、五千円である」など、「社会に受け入れられ信用を獲得したからこそ」、物品との交換を可能にする券として機能します。

紙としての実体ではなく、むしろ心的な信用からなるその「価値」によって、その効果が担保されています。

また加えて、近年では「ポイント」でも機能します。もはや紙すら必要としません。データであっても価値が損なわれないのは、それが「社会に受け入れられた、心的な信用・価値」だからです。

こういった視点から見ていくと、その他のことについても、実に枚挙にいとまがありません。

…しかしここまで、なにか悲観的になってしまいそうな内容を記してきましたが、これはなにも悲観的に捉えてください、というつもりで言及したわけではありません。むしろずっと先延ばしにしていた「似ているけど、異なる」の意味・可能性について触れながら、全く逆転してしまうような話をするための布石です。

この話については、最後に纏めるとして、その前に一旦、「ソシュールさんの更なる挑戦と葛藤」を見ていきます。

記号学による乗り越えに何年も挑戦し、そして沈黙する

ソシュールさんは、「ことばが、心的な文化的・社会的産物」であることに気付きました。しかし彼は、それすら乗り越えようと奮闘します。何よりことばが好きだったから、このことば自体を「記号学」として変革しようとします。

彼は、ことばが社会的産物であり、構成されたものであれば、「構成のし直し」も可能ではないか?と思い立ち何年も挑戦します。

では、彼は「記号学」によって何をしようとしたのか?と言うと、

端的に言えば「生きた記号、生きた言語」を模索していた、と言えるかも知れません。

ちなみにここでいう「記号学の記号」については、文字列や発声のみならず、文化によって生まれたものまで含みます。例えば道路標識だったり、サインランゲージだったりです。

ですが、ソシュールさんはそれらも記号としながらも、「基本的には言語が最も論理的な説明が可能な記号として機能している」として、やはり言語を中心に研究を続けます。

さて、記号学によって、新しい創造を言葉に取り入れるべく、彼は「神話・伝説研究」や「アナグラム研究」をします。一見すると、記号や言語の変革といったい何の関係があるのか分かりませんが、彼はやっぱり天才です。視点が違います。

「神話・伝説研究」をした理由は、

神話も一つのシンボル(象徴)で構成されている。神話や伝説の状態と変化は、言語の状態変化の様に面の全体関係とその変遷で起きている」と考えたためで、その変遷具合はまさしく新しい創造に満ちていて、その新しさが、言語変革の要の一つになるのでは?と模索しました。つまり神話は、「多くの人に受け入れられてきた新しい創造の一つ」であったため、そのような研究をしました。

また、「アナグラム研究」では、「詩」を中心に研究しました。

詩は、作品を生み出すべく新たな創造をします。

言葉を巧みに扱い、入れかえ、壊し、文字を飛ばしては、結果その内容以上の効果を言葉に生み出します。

彼はその研究で、詩的な技法には「アナグラム、アナフォニー、イポグラム、パラグラム」の4つがあり、これらが入れ子状に(多重構造として)複雑に関係しながら、詩を成立させているとしました。

線状に並ぶ言葉を空間へと飛ばし、更に空間から時間へと次元を拡げながらも、実質と形相を行ったり来たりしながら、生きた言葉、生きた言語を捕まえようとしました。

ただ残念ながら、結果として彼は「沈黙」してしまうのです。

おそらくは、「生きた言語」を生み出せなかった点と、そもそも「言語」なるものを変革するには、社会の受け入れが必要な点が大きな障害だったこと。そして何よりその変革は万が一受け入れられたとしても、すぐ惰性化してしまう(元の言語の様になる)可能性が高く、そしてそうなると常に入れ替え、常に創造し続ける他ないものとなります。

そんな今より常に変わる言語に、共通了解を保ちながらも私達がついていけるかと言うと、相当な困難が伴うものだと言えるかと思います。

僕らにはまだ、出来ることがある~私見としての可能性【急】~

ソシュールさんが沈黙してしまい、また常に創造し続ける生きた言語は今のところその達成がかなり難しいと思います。

しかしそうなると、

「ソシュールさん自身の考え方」によって、世界が言語で切り分けられる以前の、

「実質、無分節、非記号の【星雲のようなもの(世界)】」

「言語という、社会によって記号化され、分節され、形相化(カタチ化)された世界」

はざまに置いて行かれたような、このやるせない状態を、一体どうしたらいいんでしょう?

ここにまず視点があり。…それによって人は二次的に事物を創造する。

『ソシュール手稿 9』

ことばのなかに自然的事象を見る幻想の根は深い。

『ソシュール手稿 9』

また、日本人初のノーベル文学賞を受賞した川端康成さんは

「言葉は人間に個性を与えたが、同時に個性をうばった。ひとつの言葉が他人に理解されることで、複雑な生活様式を与えられたであろうが、文化を得た代わりに、真実を失ったかもしれない。」

とこのように言います。

だとすればソシュールさんや川端康成さんの様に、動揺しつつも沈黙するしかないのでしょうか?

…いや、そうとも限らない。

冒頭で

「ソシュールさん自身の今出せる考えを惜しげもなく展開するため、自身の中にあったためらいも、分からないところも、隠すことが無かった。」と言うことに触れました。

おそらくは、この「状態」を乗り越えるためには、こう言った態度が、つまりはためらいも、分からないところも隠すことなく、言及していくことによる「変化」にこそ可能性があるのだと思います。

ソシュール研究の第一人者である、丸山圭三郎さんはこう言っています。

ラングは海辺の砂地の上に広げられた網のようなものである。ラングの網次第で、砂地には様々な模様が描かれるのを指摘したのもソシュールであるならば、なによりも重要なこととして、この網自体はア・プリオリには存在しなかったこと、網を作ったのは人間であること、したがって網を破り棄てることも、網を作り直すことも人間によって、可能であること《恣意性》の原理によって示唆してくれたのも、またソシュールであったと言えるだろう。

丸山圭三郎 『ソシュールの思想』

※ここでのア・プリオリとは「経験に先立って、生まれ持つもの」のこと。

私達自身も、これから一緒に「網の作り直し」を試みてはどうでしょうか?社会全体が困難なのであれば、個として、試みてはどうでしょうか?

【序】と【破】を通ったならば、【急】を持って【序破急】という、一つの「舞・演奏」としましょう。

ここから、「未だ個々人の中に存在しなかった網によって、その網全体の作り直し」を、ことばの可能性によって試すべく「ためらいながらも分からないところも隠さず」触れていきます。

ことばの功罪(功績と罪)~①ことばは規定する、しかしだからこそ道しるべとなり得る~

世界はことばによって分節され続け、文化・社会的に細切れになりました。

しかし物事は大抵、良くも悪くもです。

「ことばによる分節化と細分化」は必ずしも悲観的になるばかりではありません。

なぜなら、私達の言語による分節化によってその意味が限定されることは、方角の分からないような状態に対し、その限定作用が道しるべの様に働き、ある方向を指し示すことが出来る、ということ。つまりこれもまた、言語による能力であり、メリットにもなり得るものなんです。

そもそもこの全体の内容自体が、一つの視点としての道しるべであるからこそ、【その内容によって、言語の全体関係がズレ、認識が変わり、価値すら変わろうとしている】んです。

これを忘れてはいけません。

「似ているけど、異なる」私達の脳内ラングは、今まさに「異なる部分」に触れ、認識を変え、価値をも変え得る可能性を触れているのだと思います。

つまり、①ことばは規定する。しかしだからこそ道しるべとなり得る」これが第一の可能性です。

【地続きの二つ・シームレスな二つ】が二分法である。~②記号と非記号、形相と実質は地続きである。~

「非記号の記号化、実質の形相化」について、

その記号化と形相(カタチ)化を成立させるためには「それ以外、それではない」と言うことを確立する必要がありました。

だとするならば、「非記号の記号化、実質の形相化」の逆である「記号の非記号化、形相の実質的還元(カタチ以前への還り)」を「①ことばは規定する、だからこそ道しるべとなり得る」と言う可能性を用いて、言語によってさかのぼる様に、滲み寄ることもまた、可能ではないか?と考えることも出来るのではないかと思います。

方法論の確立には、ことばの限定作用を用いることが、できうるはずです。

そもそも、

【星雲のような世界認識】と【私達の言語による世界認識】はまさしく「二分法」です

ソシュールさんの「二分法」は【地続きの二つ・シームレスな二つ】です。であれば、それを地続き的にさかのぼることが、出来るはずです。一見矛盾し、対立する二つは、実は相互関係なのですから。どちらも「隔絶された小島」ではないんです。また、よくよく考えても見れば、全てが言語によって細切れになったか?と言うとそんなことは全くないですよね。自然からの新たな発見も、社会からの新たな言葉による細分化も、常々生まれています。

またソシュールさんは言語学者です。言語を愛した彼の最終的な帰結は言語に寄らなければいけないような立場です。

しかし私達は、

【星雲のような世界認識】と【言語による世界認識】からなる「二分法」により、

対立の様に見えても、実は相互関係にある」こと。

二つの世界認識は、どちらか一方に寄ることはあっても、どちらかのみでは、いけない」ということ。

これらを踏まえて、考えることは出来ます。

仮にも、ソシュールさんの言う【星雲のようなもの】に入り浸り、言語の網を完全に破り棄て、社会的な視点を失えば、社会生活自体がままならなくなるでしょう。そういう意味でも、社会的な理解や視点があるということはなにより、言語のおかげです。

【星雲のようなもの】にずっと入り浸ることは、山にこもるような、隔離された生活であれば可能かもしれません。しかしそれでは、片方のみになってしまいます。

そうではなくて、

どちらも大切にしたらいいんじゃないかって、思うんです。

言語には、認識を変え、価値すらも変えてしまう能力があるのであれば、例えばそれを利用して、日常を大切にしながらも、【星雲のようなもの】という実質なる無分節の世界に、言語によって滲みよることもまた可能だと思います。

また更に、別の言い方からも考えてみると、

私達の認識が「離散的認識(とびとびの認識)」だとするのなら、

【星雲のような】認識は、「連続的認識」とも言えます。

私達の認識が「離散的(とびとびのモノとモノ)」として成立しているのは、普段は「連続的(つながるコトとコト)」の成している目に見えない相互関係をそれほど意識していないところにあるのではないか、と思います。記号の成立自体が、違いをあぶり出しては、その違いとされる関係に一線を引くことで成立しています。違う関係を「仮切断」しなければ、記号は成立しません。であれば、その全く逆である「接合」にも意識を向けてみることが可能だと思います。対立の様に見える何かに、むしろどのような相互関係の基、成り立っているのかを、考えてみることも出来ます。

身体の内外が相互に関係しているからこそ、この身体の維持が可能なわけで、これは意識しようがしまいが確かに起きています。

これが二つ目の可能性としての「②記号と非記号、形相と実質は地続きである。」と言うことの提示です。

私達は意識的に忘れる、ということが出来ない~③価値の変化は大切なものほど、塗り替え・上書き式が有効である~

私達の脳は、意識的に「忘れる」、ということが出来ません。

むしろそれを「忘れよう」と考えるほどに、脳の神経活動は活発になり、それに関する神経を発火させつつ、思い出していることになります。

つまり、「忘れる」という方法は、あまり有効ではないんです。私達が「忘れることが出来る」というのは、「気にも留めなくなった時、乗り越えた時」、起きやすいものだからです。

であれば、より価値を変化させるための有効な手段は、自身によって「新たに覚え、塗り替える」ことです。

脳は、大切なものほど忘れることが難しい。だからこそ「塗り替え」による上書き・全体関係への介入が有効なんです。

ですので何かしらの考えを用いるためには、いずれにおいても「ことばによって滲み寄り、最後の最後は自らの身体・感官でもって実践することが重要」と言う点はどの考えも変わりません。

このことから、第三の可能性である、「③価値の変化は大切なものほど、塗り替え・上書き式が有効である。」を提示します。言い換えれば「知ってしまったのなら、それごと進むことが重要です。」と言うことです。

さて、以上3つを取り上げましたが、ここで一旦列挙しておきます。

  • ことばは規定する、だからこそ道しるべとなり得る。」
  • 記号と非記号、形相と実質は地続きである。
  • 価値の変化は大切なものほど、塗り替え・上書き式が有効である。

この3つの踏まえた上で、更に言語についての問題提起をし、それごと乗り越える。そんな話をしていきます。

言語の固定性~記号自体が、常に変化している現実の躍動と力動性を一端、かつ過去としてしか、表すことができない。~

『一般言語学講義』は「ラングのみの共時態」に絞ることで、理論を確立しようとしました。しかしこの理論は、「言語の変化のリアルを無視している」と言う問題も発生していました。

他方で「ソシュールさん自身の考え方」での展開は、言語のリアルを見事に見破っています。しかしそれと同時に「言語のリアルでも、そもそも現実の動き、躍動というリアルを表し切れない。」さまも、垣間見えます。

言葉によって言う、そして書く、ということをよくよく考えてみると、「今この瞬間の一端の記号化による痕跡化(言い、書き、その一部を残すということ)」にはなっていますが、記号化されるのは「ほんの一端」であること。また、記述され記号化されたものは、「痕跡」であって、記述がなされた時には既に、過去へと置いて行かれる「今の痕跡化という、過去(言った時点、書いた時点に留まるもの)」でもあります。

例えば仮に、「未来のことを今、考え記述した」としても、記述した時点で、厳密には今現在考えたことではなくなっている、ということです。

つまり、

ことばは、記述時点で固定的に時を止めてしまう(痕跡化してしまう)所があります。ソシュールさんはおそらく、これも含めて「ことばとして」乗り越えようとしていた(生きた記号の挑戦をした)のだと思います。

そしてこれを

「問題提起:記号自体が、常に変化している現実の躍動と力動性を一端、かつ過去としてしか、表すことができない。」

という、もう一つの問題提起として取り扱い、これを乗り越える試みをしてみたいと思います。

先に「ことばの3つの可能性」に触れました。

  • ことばは規定する、だからこそ道しるべとなり得る。
  • 記号と非記号、形相と実質は地続きである。
  • 価値の変化は大切なものほど、塗り替え・上書き式が有効である。

この3つを組み合わせ、並び変えつつ、帰結を導き出していきます。

帰結としての乗り越えの試み。そしてためらいを、ためらうことなく

私達は「既に整った社会制度である言語」の中にいます。

この言語は、私達の認識を規定し、価値をも規定する強い力を持つ、心的な社会的産物です。

既にあり、価値をも規定する言語。一見すると悪いところばかりが目立つような言語ではありますが、これは「良くも悪くも」であり、その良い点を逆用するように働かせる手段を、考えていきます。

先ず「価値」についてです。「価値」は、言語同様に「構成されたものでありながら、変化するもの」でもあります。固定的ではあるものの、完全な固定されたものではありません。

では、どのように変化を促すのか?と言うと、

「価値の変化は大切なものほど、塗り替え・上書き式が有効である。」先ずはここから始めてみます。

価値関係の変化は言語関係の変化であるからこそ、新たな方法論は、あらたな言語関係とその価値を「ズラし、再配置」します。

新たな方法論が、初めはおぼつかなくとも次第に確実に、その諸々の関係に変化を促します。

そして私達の脳内ラングは「似ているけど、異なる」ものでした。

この「異なる」にこそ、認識変化と価値変化の可能性が詰まっています。

また、「ことばは規定する、だからこそ道しるべとなり得る。」ことも可能性としてありました。

新たな方法論の確立もまた、先ずはことばに寄り、道を確立することが重要だと感じます。

ことばによる分節と細分化による、限定作用は、右も左も分からない状態に、道しるべをもたらします。いずれかの方向へと滲み寄るには、少なくともいまある言語は、かなり優れたものです。

そして今回私達は、

ある種「記号的・形相認識」と「非記号的・実質認識」との、はざまに立たされ、宙ぶらりんにさせられてしまいました。

しかしこちらも、

「記号と非記号、形相と実質は地続きである。」ことを思い出せば、

二つの認識は対立の様に見えて、相互関係なのであり、かつ、

どちらか一方に寄ることはあっても、どちらか一方のみでは、何かしらの弊害が生まれもします。

また、先の問題提起であった、

「問題提起:記号自体が、常に変化している現実の躍動と力動性を一端、かつ過去としてしか、表すことができない。」、これ自体が、

「過去の記号化」と「今この瞬間の経験」の地続きな二分法、に捉え直してみることも出来るのではないかとも思います。

例えば、「今この瞬間の経験」は、私達が認識し、区別する直前までは、ひょっとすると、記号化する以前の経験、なのかも知れません。つまり、

「記号化以前(非記号)→知覚→統合の始まり・過去(脳内ラング)との照合→記号化→思考→発話・文字列化」の過程があるとすると、記号化以前(非記号)と記号化の間には「それ(記号化)へと移行する瞬間的な移行」があるのかもしれません。

またもしそうであるとすれば、私達は誰しも、「記号化・分節化以前の(非記号・無分節の)今この瞬間の連鎖」を既に、そして常に経験していることになります。

現にこの瞬間は、全てを言語化できないことが悔やまれる程度には、豊かな、表し切れない瞬間でもあります。

先ずは「過去」と「今この瞬間」を選り分け、その相互関係を意識しながらも、ここでは先ずは「今この瞬間」に寄る形でとことん向き合い「砂地を見る」。しかし最終的には、翻って「網をも見る」。それはまるで「砂地を見ながら、網をも見る」ような「同時に二重の認識、二重の見」を持つ、といったように。

ソシュールさん自身が「ためらい」を隠すことがなかったように、私も今はただ、そんなことを思いながら、新たに探っていこうと思っています。

さて、両方を大切にしながら、滲み寄る。こう言った方法は、

実のところ既に「西洋哲学」にも「東洋哲学」にも、あります。

西洋では、「メルロ=ポンティさん」の考えが最もソシュールさんに近いし、また【星雲のようなもの】のきっかけとして、「ベルクソンさん」の「純粋知覚」や、「フッサールさん」の「現象学」も、いいかもしれません。(実際、実存主義で有名なサルトルさんは、フッサールさんの現象学によって、記号化以前の世界を「見た」ようです。ただし、サルトルさんにとってその経験は思わしくないものであったため、フッサールさんとは、たもとを分かちます。)

また東洋でも、「二分法と地続きの二つ」と言う考えが好みであれば、『大乗起信論(出所不明、出自不確実でありながら、東洋に絶大な影響を与えている書物)』はまさにその形式を取っており、かつ東洋の真髄を「迷うこともなく、二分法によって」感じられます。(個人的にとりわけ東洋は迷いやすいとも感じます。)

加えて、井筒俊彦さんの遺作『意識の形而上学』は、この東洋の偉大な書物『大乗起信論』をこれ以上ないくらいに見事に解説されておられます。

「メルロ=ポンティさん」は「両義性の哲学」とも言われる考えを展開しています。

彼は「ソシュールさんの手稿」などがまだ発見される以前に、なぜだか「ソシュールさんの手稿」にとても近い考えを持っています。私たちは言葉が制度化している世界の中を生きている、と言ったような表現があり、これは『一般言語学講義』をポンティさん自らの手で発展させたものです。)

ただし他方では、とてつもなく難しい内容にもなっています。

また、井筒俊彦さんは世界の中でも、最も語学に精通した一人でありながら、東洋哲学についてもその天才っぷりを存分に発揮していた人物です。

井筒さんは、ポスト構造主義の巨匠である、ジャック・デリダさんに巨匠と呼ばれた、

いうなれば「巨匠に巨匠と呼ばれた大巨匠」です。

私自身、井筒さんの『コスモスとアンチコスモス』という論文集を初めて読んだ時、その圧倒的な思考の広さと深さに、まるで頭をトンカチで叩かれたような衝撃を覚えたのを、未だに記憶しています。

おそらくは今回の内容をここまで読み進められた方は、幾分か迷うことも少なく、その広い思考に触れることが出来るかと思います。ためらいながらも、ためらうことなく。

さて、「西も東も大切に」しながらも、今回はここまでとします。

今日のあなたの一日が「二分法による地続きの二つに、言葉によって滲み寄る。」そんな一日である事を願って。

読んでいただきありがとうございます!

タイトルとURLをコピーしました